千葉 弁護士による刑事事件

0120-916-746 弁護士法人よつば総合法律事務所
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 当事務所の特徴
  • 逮捕・勾留された場合
  • 操作への対応
  • 解決までの流れ
  • 弁護士照会
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 解決事例
  • 自動車運転過失致死で一審実刑,控訴審で執行猶予となった事案

自動車運転過失致死で一審実刑,控訴審で執行猶予となった事案

 

千葉県松戸市在住の朝日三郎さん(仮名・60代・自営業)は,トラックを運転中通行していた人をはね,死亡させてしまいました。
逮捕こそされませんでしたが,人が一人お亡くなりになっているという結果から,正式な裁判(起訴)となりました。

 

執行猶予判決となるか実刑判決となるか微妙な事案であったため,私選弁護士を選任して十分な準備を行いました。

 

地方裁判所での裁判では,自動車事故に厳しいと言われていた裁判官にあたってしまいました。
保険会社を介しての示談の状況や,朝日さんが今後二度と車を運転しないことなどを主張しましたが,1審判決では禁錮1年10ヶ月の実刑となってしまいました。

 

高等裁判所に不服を申立て,その上でさらに追加の情状証人の申請をしたり,嘆願書を作成したりと,最後まであきらめずに弁護活動を行いました。

 

その結果,高等裁判所の控訴審では原審判決を破棄して執行猶予判決をとることができました。

(プライバシー保護のため,事案の概要及び市町村名については一部変更してある箇所があることをご了承下さい。)