千葉 弁護士による刑事事件

0120-916-746 弁護士法人よつば総合法律事務所
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 当事務所の特徴
  • 逮捕・勾留された場合
  • 操作への対応
  • 解決までの流れ
  • 弁護士照会
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用

暴行について不起訴で終了した事例


解決までの期間 およそ10日
最終処分 不起訴
事例の概要 酒に酔って,他人に暴力を振るった事例。


弁護人の活動

1 被害者の方とのお話合い
  盗撮は被害者の方がいらっしゃる犯罪ですので,第1に被害者の方とお話合い(示談)をする必要があります。
  弁護人から被害者の方にご連絡を差し上げ,お話しする中で,被害者の方から「示談しても良い。」とのお言葉を頂き,示談が成立しました。
  

2 環境の整備
  犯行当時,被疑者は職を有していたので,職場の方にお話しをさせて頂き,社長から雇用を継続こと,そして就業中の被疑者の監督に努める旨の誓約書を頂くことができました。


3 結果
  上記のように,①被害者の方との示談が成立したこと,②就業先の社長からの監督等の誓約を頂くことができたので,弁護人から検察官に対して検察官の最終的な処分についての意見を述べました。
  その結果,無事,不起訴で終了することができました。