千葉 弁護士による刑事事件

0120-916-746 弁護士法人よつば総合法律事務所
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 当事務所の特徴
  • 逮捕・勾留された場合
  • 操作への対応
  • 解決までの流れ
  • 弁護士照会
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用

傷害事件が20日で罰金で終了した事案


 解決までの期間 20日

 最終処分 罰金20万円

 事案の概要 飲食店で客である依頼者が従業員とケンカをし従業員を殴った事案

 


弁護人の活動

1 弁護人選任までの経緯 

深夜,飲食店で酔った依頼者が従業員とケンカとなり,従業員を殴ってしまいました。その結果,従業員は軽い打撲の怪我をしました。依頼者はその場で逮捕されました。すぐに知人が弁護士に相談をして,弁護士が松戸警察まで接見にいきました。

 

2 示談交渉

事実関係を確認したところ,怪我の程度は幸いそれほど重くはなく,また,けんかが始まった経緯も必ずしも依頼者が一方的に悪いということではありませんでした。そのため,示談交渉を早期にまとめれば早期の釈放や軽い刑が想定される事案でした。そこで,弁護人が飲食店へ赴き,被害者と話をして,治療費や一定の迷惑をかけたことに対する費用をお支払いするという提案をしたところ,被害者にも納得していただけました。その結果,寛大な処分でも構わない旨の示談書を作成することができました。

 

3 検察官との交渉

示談書を検察官に提出した上で検察官と交渉をしたところ,検察官も起訴をせず,罰金で事件を終了するということに納得をしました。その結果,罰金を支払うことで依頼者は釈放されました。  

 

(上記事案は実際に当事務所の弁護士が取り扱った事案を元にしていますが,関係者のプライバシー保護等に配慮し,事案の本質を損なわない限りにおいて,事実関係を変更してある箇所がありますのでご了承下さい。)