千葉 弁護士による刑事事件

0120-916-746 弁護士法人よつば総合法律事務所
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 当事務所の特徴
  • 逮捕・勾留された場合
  • 操作への対応
  • 解決までの流れ
  • 弁護士照会
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 解決事例
  • 公務執行妨害罪で逮捕されたが謝罪を行い執行猶予となった事案

公務執行妨害罪で逮捕されたが謝罪を行い執行猶予となった事案

 


解決までの期間 3か月

最終処分 懲役1年執行猶予3年

事案の概要 酔った上で松戸駅前で警察官と口論となり警察官を殴った事案

 

弁護人の活動

1 逮捕後早期の接見

ご依頼者は相当酒を飲み,意識が不明確になっている状態で松戸駅付近を歩いていたところ,松戸駅前で警察官数人と口論になり,その場で警察官数名を押し倒したとして逮捕されました。逮捕が深夜に近い時間でしたが,翌日弁護人が接見をすることにより,ご家族にご依頼者の状況をお伝えすることができました。また,ご依頼者は仕事をしている方でしたので,仕事に支障が出ないように配慮をすることができました。

 

2 謝罪

ご依頼者は当初は酔った影響か記憶が定かではありませんでしたが,目撃者もいる状況でしたので自分のやったことは素直に認めて反省しようということになりました。警察官に謝罪をし,治療費等についても負担する旨申し出しました。

 

3 結論

公務執行妨害は意外と刑罰が重い犯罪ですので,正式裁判(起訴)となってしまいました。ただし,最終的には,執行猶予付きの有罪判決となりましたので,刑務所に行くことはなく無事手続きは終了しました。

 

(なお,上記事例は当事務所の弁護士が実際に取り扱った事案を元にしていますが,依頼者のプライバシー確保のため,事案の趣旨を損なわない範囲で実際の事案と多少事実関係を変更しているところがありますのでご了承ください。)