千葉 弁護士による刑事事件

0120-916-746 弁護士法人よつば総合法律事務所
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 当事務所の特徴
  • 逮捕・勾留された場合
  • 操作への対応
  • 解決までの流れ
  • 弁護士照会
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 解決事例
  • 飲酒運転で人身事故を起こしたが罰金で終了した事件

飲酒運転で人身事故を起こしたが罰金で終了した事件

 

解決までの期間 20日

最終処分 罰金50万円

事案の概要 千葉県松戸市の道路で飲酒運転の上2人に怪我を負わせた事案

 

弁護人の活動

1 逮捕後早期の示談交渉

居酒屋で飲酒後,友達の家に行くために自家用車を運転している際に,前方不注意で前の車に衝突しました。前の車には2人の人が乗車しており,けがをしました。飲酒運転のためそのまま警察に逮捕されました。家族からの依頼で警察署に弁護人が接見に行き,被害者との間での示談をまとめるという話になりました。

 

2 弁護人が被害者と交渉 

ご依頼者は保険に入ってはいたものの,保険会社がけがの治療が終了する前に保険金を全て支払うということはありません。被害者には本人の反省などの事情を説明し,保険とは別にお見舞金を支払うという旨の話で示談をしました。示談書の中には「軽い処分でも構わない」旨の言葉を入れてもらいました。

 

3 釈放 

飲酒運転で人身事故の場合,正式な裁判となってしまうことが多いのですが,被害者が軽い処分で構わない旨を述べていることもあり,略式命令で罰金50万円の処分にて警察署から釈放となりました。

 

(なお,上記事例は当事務所の弁護士が実際に取り扱った事案を元にしていますが,依頼者のプライバシー保護の観点から,事案の趣旨を損なわない範囲で実際の事案と多少事実関係を変更しているところがありますのでご了承ください。)