千葉 弁護士による刑事事件

0120-916-746 弁護士法人よつば総合法律事務所
  • HOME
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 当事務所の特徴
  • 逮捕・勾留された場合
  • 操作への対応
  • 解決までの流れ
  • 弁護士照会
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用

刑事裁判とはどのようなものですか?

刑事裁判とは,証拠をもとに,まず①被告人が本当にその罪を犯したのかを判断し,罪を犯したと認められるのであれば,次に②被告人の刑をどれくらいの重さにするのかを判断するものです。


具体的には,以下のような流れで手続きが進んでいきます(※ 以下の具体例は,比較的複雑でない事案で,しかも被告人が罪を認めているケースを前提しています。事件の内容,複雑さによって裁判の進行は大きく異なりますので,下記具体例は参考程度にとどめて頂き,実際の事件の進行の見通しについては,弁護士にご相談頂きますようお願い申し上げます。)。

 

① 人定質問

裁判長が,被告人の氏名、本籍、住所、職業を聞きます。被告人の取り違えを防ぐためのもの手続です。

 

② 起訴状朗読

検察官が起訴状を読みます。裁判上は,ここではじめて,被告人がどのような犯罪についての疑いをかけられているのかが明らかになります(裁判所,検察官,弁護士は事前に内容を知っています。)。

 

③ 黙秘権等の告知

裁判官が被告人に対し,黙秘権という権利があることを説明します。誤解をおそれずにわかりやすく言うならば,黙秘権とは「この法廷では,被告人自身が言いたくないことを無理に言わなくてよい」という権利です。

 

④ 被告事件に対する陳述(罪状認否)

裁判官が,黙秘権の告知を踏まえ,起訴状に記載されている犯行について,被告人の意見を聞きます。起訴状の事実に被告人の言い分を異なるところがあるような場合には,きちんとその場所を指摘する必要があります。異なるところがないのであれば,その旨端的に答えることになります。

 

⑤ 弁護人の陳述

裁判官が,弁護人に対しても、④と同様の意見をききます。④において被告人の言い分が裁判長にうまく伝わらないおそれがある場合や,④について法律的な問題を含む場合には,弁護人が被告人をきちんとフォローをすることが求められます。

 

⑥ 冒頭陳述

検察官が、被告人の身上・経歴、本件犯行に至る経緯、犯行の状況等、情状などを述べていきます。ここでいう「身上・経歴」とは,要するに「生い立ち」のことです。「情状」とは,なかなか説明が難しいのですが,簡単に言ってしまえば,刑の重さに影響する様々な事情のことをいいます。

 

⑦ 証拠調請求(検察官側)

検察官が⑥で述べた事実を証明するため,特定の証拠を調べるよう裁判所に請求します。


弁護人は、検察官の請求した証拠について、その一つ一つにつき,裁判において使用しても良いかの意見を述べます。この意見を述べる際には,法律的な問題や審理への影響などの様々な事情を考慮する必要があるため,弁護士の専門的な知識,経験に基づいた判断が必要不可欠となります。

 

⑧ 証拠調べ

まず,弁護人が裁判に使っても良い旨述べた証拠について、検察官がその証拠の要約を述べたり,証拠の現物を裁判所で調べたりします。証人がいる場合には,その人について尋問を行うこととなります。


なお,弁護人が同意しなかった証拠については,そのままでは裁判に使えないことが多いので,検察官が請求を撤回したり,他の証拠による取調べを請求したりします。


たとえば,目撃者の話がまとめられた書面(これを「供述調書」などと言います。)について,弁護人が証拠に採用することを認めないという意見をすると,検察官がその人の話を重要な証拠と考えているのであれば,裁判所に対し「その人を証人として裁判所に呼んで,直接話を聴いて下さい。」と請求したりします(いわゆる「証人尋問」の請求です。)。証人尋問をすることが裁判所に採用された場合には,その分だけ裁判をする日程(「期日」といいます。)が増えることが多く,それだけ判決までの期間も長くなります。

 

⑨ 証拠調請求(弁護人側)

弁護人が、「被告人には酌むべき事情がたくさんありますよ。」ということを裁判で証明するために、裁判所に対して証拠の取調べを請求します。これについても,同様に検察官が意見を述べます。もちろん無罪を争っているような事件であれば「無罪である」ことの証拠を調べるよう請求することもあります。


検察官が証拠として使うことに同意してくれたものについては,その場で取り調べてしまうことが多いですが,反対に証拠として使うことに同意してくれなかったものについては,検察官の場合と同様,他の証拠による証明ができないかなどを検討することとなります。

 

⑩ 証拠調べ(弁護人側)

弁護人側としては,被告人に有利な事実を証明するため,書類の証拠に加え,被告人の今後の生活を監督してくれる家族や職場の上司を呼んで,裁判所で直接話をしてもらうことが多いです。


証拠の調べ方については,検察官の場合と同様です。

 

⑪ 被告人質問

他の証拠調べが一通り終了すれば,その後残すは被告人質問となります。手順としては,通常,弁護人,検察官,裁判官の順に被告人に対して質問がなされます。

 

⑬ 論告・求刑

全ての質問が終了した後,検察官が「証拠によって被告人が犯罪をしたことを証明できること」を確認した上で「被告人に対する刑としては,どの程度の重さの刑が妥当なのか」を裁判所に説明します。

 

⑭ 最終弁論

弁護人が被告人に寛大な処罰をするよう裁判官に訴えかけます。無罪を主張している場合には,無罪であることを根拠と共に述べます。

 

⑮ 最終陳述

裁判官から,被告人に対して,「何か最後にいいたいことがありますか?」と聞かれます。


被告人が話した後,裁判官は,手続きを終了し,判決を宣告する日を決めます。稀に日程調整をせず,その日のうちに判決をすることがあります。

 

⑯ 判決宣告

裁判官から判決が言い渡されます。
これで被告人の刑が決まり、裁判は終了します。


以上が刑事裁判の流れです。


時間としては,大体1回の日程(「期日」といいます。)に30分から2時間程度かかります。


しかしながら,裁判において「どのような手続きをやるのか」そして「それにどれくらいの時間を割くのか」は,事件の複雑さなどの事情によっても変わってきてしまいます。


特に争点がない自白事件の場合であれば,判決も含めて2回程度の期日(期間としては起訴から2か月ないし3か月程度)で終わることも多いですが,被告人が犯行の全部ないし一部を否認しており,捜査機関の人間や,目撃者,被害者等の証人尋問などが予定される場合には,何度も期日が開かれ,裁判が半年から1年以上かかることもあります。事案によっては,裁判を開く前に事前に問題点を整理する手続きが行われたり,専門家による鑑定が必要となったりすることもあります。そのような場合には,より長期化することになります。


その他のQ&Aについてはこちらをご覧下さい

1
 逮捕について
2
 釈放について
3
 起訴について
4
 保釈について
5
 刑事裁判とはどのようなものですか?


新規相談のご予約 一時停止のお知らせ

現在、業務過多につき刑事事件の相談の受付を一時停止しています。

新規相談の受付再開の際には、改めてお知らせさせて頂きます。

皆様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。


◆事務所紹介のページへはこちらをクリック
◆弁護士紹介のページへはこちらをクリック
◆弁護士費用に関するページへはこちらをクリック
◆TOPページへはこちらをクリック